理法魚(りほぎょ)男子の役立つブログ🌟

漁村生まれの理系法律男子が「悩んでる人」に役立つ知識を配信するブログです。

【人生を変える】最強の仕事術(実践編)

こんにちは。理法漁(りほぎょ)男子です。

 

【人生を変える】最強の仕事術(誰でも実践できる仕事の教科書)を読んで頂き、ありがとうございました。

今回は、実践編という形で記事を書きました。

 

現在、仕事がうまくいかずに、悩んでる方はいませんか?

スポーツ、趣味等で伸び悩んでる方はいませんか?

 

僕の仕事術の考え方を理解し、実践すれば、どんな業種であっても仕事ができるようになると思います。また、この仕事術の考え方に基づけば、スポーツでもあっても、趣味であっても、実生活であっても、飛躍的にレベルを向上させることができると思います。

 

僕は大学院修了後、大手企業において、最年少で新規プロジェクトの関西責任者となり、独自の仕事術を基にプロジェクトを成功させました。現在は、化学、特許、英語を使ったグローバルな仕事をしていますが、この仕事においても仕事術は大いにいかされています。ぜひ、僕の仕事術が皆様のお役に立てれば幸いです。

f:id:mmhkun:20190216113909p:plain

仕事術の考え方のおさらい

f:id:mmhkun:20190216100047p:plain

仕事のできる人は、

①問題解決能力

②創造力

に優れており、

 

①問題解決する際には、

観察→分析→判断(改善案)の順に自然と考えています。

 

観察とは、問題点を発見することであり、

問題点を挙げるときに、いかに細かく観察して真の問題点を導き出せるかどうかが、適切な改善案を導き出すための鍵となります。

 

分析とは、観察で発見した問題点がなぜ生じているのか、その原因(理由)を導き出すことであり、

分析する際には、その原因を推定し、実際に調査した上で、原因を確定するという順に考えることが重要です。

 

判断とは、分析で確定した原因を基に、その原因を解決するための改善案を導き出すことであり、

分析→判断の過程で、新たな問題点が生じた場合は、観察、分析、判断を繰り返せば、改善案を導き出すことができます。

 

上記観察➔分析➔判断が適格かつスムーズにできるようになれば、問題解決能力を向上させることができます。

 

②創造力とは、今までにない新しいものを作り出す能力のことです。

創造力を養うためには、

1)引出し、すなわち、自分の持っている知識を増やすこと

2)観察、分析、判断を鍛えることが重要となります。

 

僕の仕事術の教科書を以下に添付していますので、もし見られていない方がいましたら、ぜひご覧ください。

www.rihogyo.com

 最強の仕事術を実践しよう

今回は、あなたが技術者であった場合を例として、どうやって、観察、分析、判断の思考回路を駆使し、仕事を成功させるのかを解説します。

技術者を例にして解説しますが、僕の仕事術は考え方を習得することが重要であり、それさえ習得しまえば、どんな分野であれ応用できます。僕は理系の大学院卒でありながら、マネージメント、法律、化学など色んな分野でこれを実践してきました。

そこで、僕の記事で評判が良かったボンドの話をリニューアルさせて解説します。

 

実践例

あなたは木工用ボンドしかない時代に、今までにない新しいボンドを開発するように、会社から命じられたとしましょう。あなたはどのように、この仕事を成功させますか。

実際に、どのように観察➔分析➔判断の思考回路、及び創造力を使って仕事をしていくのかを、理法魚男子と、技術者のぎんた及びまみの会話形式で解説します。

 

観察(問題点を発見すること)

まず、観察から考えてみよう。木工用ボンドの問題点は何だと思う??

 

木工用ボンドは接着に時間がかかるとお客様から問題視されています。だから、観察欄には、「接着する(固まる)のが遅い」と記入すればいいと思います。

 

待て待て。良好な改善案を導き出すためには、問題点を掘り下げて考えることが原則だ。もっと深く問題点を考えてみよう。

 

了解です。木工用ボンドは、ボンドの成分が水に溶けた液であって、塗った後にボンド中の水が木材に吸収又は蒸発することで固まって接着します。要するに、木工用ボンドを塗った後に、ボンド中から自然と水が除去されることで、固まって接着するから、木工用ボンドの接着(固化)に時間がかかる原因は、「ボンド中から水が除去されるのに時間がかかる」からじゃないですか。

f:id:mmhkun:20190216102104p:plain

私もそうだと思う。じゃあ、観察欄に「塗った後にボンド中から水が除去されるのに時間がかかる」と記入したらいいのね。

 

<観察・分析・判断の表>

観察欄➔「塗った後にボンド中から水が除去されるのに時間がかかる」

 

分析(問題点が生じている原因を見出すこと)

観察で見出した問題点が生じている原因を推定及び確定してみよう。

 

みんながボンドを使うのは、普段過ごす屋内か屋外だから、真夏でも温度は高くても40℃程度ですよね。とういうことは、塗った後に水が除去されるのに時間がかかる原因は、水が蒸発する温度(沸点)が100℃だからじゃないですか。つまり、水は蒸発する温度(沸点)が高いから、普段僕らが生活している空間においては、たとえ少量であっても、ボンド中から水が除去されるのに時間がかかるですよ。また、水はボンドの中の成分(酢酸ビニル)に馴染んでいるから、木材に塗ったとしても、水が木材に吸収されるのに時間がかかると思います。

 

なるほどね。次は分析で推定したことの確定だわ。水の沸点が100℃であることは、調べなくてもわかることだし、ボンド中の成分(酢酸ビニル)に馴染んでいる水が木材に吸収される、すなわち、木材の方に移動するのに時間がかかることも、技術者ならわかることだよね。だから、推定した分析結果を確定すると、「塗った後にボンド中から水が除去されるのに時間がかかる」という問題点の原因は、「水の沸点が高いこと、木材に水が移動するのが遅いこと」であることが導き出せたね。

 

<観察・分析・判断の表>

分析欄➔「水の沸点が高いこと、木材に水が移動するのが遅いこと」

 

判断(改善案)

じゃあ、分析で確定した原因を基に、その原因を解決するための改善案を導き出してみよう。

 

分析で確定した原因は、「水の沸点が高いこと」だったから、逆に、沸点(蒸発する温度)が低い有機溶媒を使えばよくないですか?沸点(蒸発する温度)が低い有機溶媒なら、水と違って、ボンド中から除去されるのに時間がかからないですし。

 

確かにそう思うわ。でも・・・、有機溶媒を使うと、業者から購入する必要があるからコストがかかってしまう。しかも、有機溶媒は、人体に悪影響を及ぼすものが多いから、空気中に蒸発した後に吸い込んでしまったら、体に悪いし、環境にも悪いわ。

 

確かにそうですね。いきずまったな・・・。

 

こういう時は、最強の仕事術の教科書を思い出してごらん。分析→判断の過程で、新たな問題点が生じた場合は、観察、分析、判断を繰り返せば、改善案を導き出すことができるんだ。または、別の角度から別の視点で改善案を導き出すことや発想を転換することが重要だ。

 

もう一度考えてみましょう。これまでの観察、分析、判断の結果から、接着が遅いという問題に対しては、水の代わりに、沸点(蒸発する温度)が低い有機溶媒を用いればよいということがわかりました。しかし、有機溶媒は人体、環境への悪影響及びコストの観点から使用できないという新たな問題点が発生しました。そうなると、やっぱり水を使用したくなりますね。水は除去するのには時間がかかるという欠点がありますが、コストが安い、体に良い、環境にも良いという利点が存在しますもんね。

 

じゃあ、分析をやり直してみましょう。これまでのことを考慮すると、接着が遅いという大きな問題点に対して、水を除去するというメカニズムを使用して接着させていることが原因になるわよね。

 

<観察・分析・判断の表>

分析欄→「水を除去するというメカニズムを使用して接着させている」

 

そうですね。「水を取り除くという考え方がダメ」・・・になりますよね(笑)。でも、水を利用したい。水は空気中にも水蒸気として存在するし、物の中や表面にも水分って存在するし、海にもどこにでもありますから。発想の転換か・・・。

 

それだわ。水を取り除かず、逆に水を使って接着させたらいいのよ!水を除去するという発想では、瞬時に接着させることはできないけど、全く逆の発想で、水と反応して固化する物質を接着剤に用いればいいんだわ。

 

なるほど!ボンド中に水と反応して固まる物質を入れておいたら、容器から出した瞬間に材料表面や空気中に存在する水と反応して接着する(固まる)から、接着するのが遅いという問題は解決されますね。しかも、有機溶媒を使う必要がないから、人体や環境に悪影響はなく、コストも削減できる。最高です。

 

f:id:mmhkun:20190216102831p:plain

<観察・分析・判断の表>

判断➔「水と反応して固化(接着)する物質を用いる」

 

シアノアクリレートはどうでしょうか。シアノアクリレートは、水と反応して瞬時に固化することができます。しかも、シアノアクリレートは、水と反応する前の状態(モノマーの状態)は液体状態だから、材料に簡単に塗ることができ、かつ水と反応したら固まるから最適ですよ。

 

了解。シアノアクリレートを使った接着剤の開発を進めましょう。瞬時に接着できるから瞬間接着剤って名前がいいわね。

 

木工用ボンドしかない時代に、問題解決能力及び創造力を使って、瞬間接着剤を勝手に生み出してみました(笑)。これは、仕事術の考え方を説明するものであり、実際にはもっともっと多くの細かい苦労があって瞬間接着剤は開発されていることにご留意ください。

 

これは一つのほんの一例にすぎませんが、どの分野であれ、問題解決能力と創造力は重要です。

仕事はもちろんですが、何をやっても、問題解決能力(観察、分析、判断の思考回路)と、創造力に優れている人は、高いレベルで結果を残すことができると僕は考えます。

ぜひ、みなさんも普段から観察、分析、判断の表を使って実践してみてください。