理法魚(りほぎょ)男子の役立つブログ🌟

漁村生まれの理系法律男子が「悩んでる人」に役立つ知識を配信するブログです。

マクドナルドは「不動産業」です!!マクドから習う成功の秘訣🌟

漁村生まれの理系法律系男子です。

今回は、『マクドナルドは「不動産業」です!!マクドから習う成功の秘訣🌟』というテーマで記事を書きました。

 

マクドナルドが不動産業を兼ねて成功したということをご存知の方は多いと思いますが、

僕自身、マクドナルドから、少しの考え方の転換で、新たな物事の捉え方や見え方ができることを学び成長できたため、今回このテーマを記事にしました。

僕のブログは、難しいことでも、ちょーーー簡単に解説することを1つのテーマとしていますので、本記事でも数字の話はせずに簡単に説明します。

 

マクドナルドは、みなさんもご存知の通り、

ハンバーガーを売っている外食チェーンです。

食べたことない人はほとんどいないのではないでしょうか。

ちなみに、僕は昨日、てりやきバーガーセットを食べました(笑)。

 

それはさておき、

マクドナルドは、大都会の地価が高すぎるんじゃねぇの??

ってところにも、多くの店舗を出店していますよね。

どこにいってもありますよね。漁村にはありませんが(笑)。

マクドナルドは、それだけ多くの店舗を世界中に保有しているのです。

マクドナルドの資産の多くはそのような不動産なのです。

 

では、どのようにしてマクドナルドは、世界有数の不動産ともいわれるほど、

成長できたのでしょうか。

その秘密は、フランチャイズ契約に隠されています。

 

マクドナルドは新たな店舗を出店する際に、

土地と店舗をマクドナルドが保有し、

フランチャイジー(その店舗を経営する人)が、

マクドナルドに対して、

賃貸料を支払う契約を結んでいます。

しかも、実際にマクドナルドが購入した不動産コストよりも上乗せして、

賃貸料を回収しているのです。

そうすることで、賃貸料に上乗せした分の利益を得ることができ、

さらに、土地や店舗等の不動産は、最終的にマクドナルドのものになります。

 

考えてみてください。

マクドナルドのハンバーガーは、みんなが買いますよね。

しかも、マンションであれば、空き部屋ができることがありますが、

空き部屋ができることはありません。

だから、マクドナルドは安定して賃貸収入を得ることができ、

最終的に不動産をゲットできるのです。

 

そして、フランチャイズ契約を結んでいるので、もちろん、売上の一部を徴収することもできます。まあ、賃貸料も売上から回収しているのですが・・・( ˘•ω•˘ )

 

普通の考え方だと、絶対売れるハンバーガーを作ったら、

フランチャイジーに店舗を任せて、売上に応じた利益を得るという考え方にいきつきますよね。

しかし、ハンバーガーを売ったお金から、不動産収入を得ようという

ちょっとした考え方の転換で、

マクドナルドは、世界有数の不動産に成長できたのです。

 

僕は、高校の時(15年前)に、

マクドナルドの仕組みを知り、

ちょっとした考え方の転換で、

大成功することがあることを知りました。

 

「全ての業種に通じる仕事術・・・仕事ができる人になるためのノウハウ」シリーズ

や、「人類は過去を見る道具をすでに開発しています☆」という記事でも、

記載した通り、

 

少しの視点を変えるだけで、

新たな物事の捉え方や見え方ができるようになります。

広い視野で、色んな捉え方や見え方ができるようになれば、何をしても成功できる人間になれるのではないかと、

僕は信じています。