理法魚(りほぎょ)男子の役立つブログ🌟

漁村生まれの理系法律男子が「悩んでる人」に役立つ知識を配信するブログです。

35年間、週3回分のパートで稼ぐお金を働かずに貯める方法(1)🌟

漁村生まれの理系法律系男子です。略して理法漁男子(りほぎょだんし)として活動しています。僕は、化学、知的財産権法(主に特許法)、英語を使ったグローバルな仕事をしています。

これまで、幅広い分野に精通してきた経験をもとに、様々な知識や考え方などを記事にしたいと思い、ブログを始めました🌟

 

さて、本題に入りましょう。

65歳の時点で、いくら貯金があれば、老後を不自由なく楽しめるか、ご存知でしょうか。様々な考え方があるため、一概には言えませんが、6000万円と言われることがあります。

 

それでは、6000万円貯めるには月にいくら貯める必要があるでしょう。

僕と同世代の30歳であれば、

6000万円÷35年÷12ヶ月=14.29万円

30歳の人が65歳で6000万円貯めるためには、月に約14万3千円貯める必要があります。

 

現在のサラリーマンの平均年収からすると、月に14万貯めることは、かなり難しいと思われます。

しかも、定期預金の利率はメガバンクでも0.01%等の世界なので、100万円預けても1年後に100円程度しか増えません。

バブル期には、年利8%以上の定期預金もあったそうなので、特に今の若者が不公平と思っても仕方ありませんね。

 

ここで、貯金する代わりに、平均年利4%でプロが運用してくれる投資信託に預けた場合はどうでしょう?

実は、たった6万6千円、すなわち、半分以下の資金で6000万円貯まります。

嘘だ!!と思う方はいると思いますが、福利計算するとそうなります。

 

平均年利4%というのは、世界の経済成長と35年間の長期投資という観点から、リスクは低いと思います。バブル期には、上記の通り、銀行に預けていただけで、ノーリスクでそれ以上の恩恵を受けることができましたが、バブルは何度もやってきません笑。

 

結論をいうと、ほぼノーリスクで銀行に月14万3千円預けて6000万円貯めるか、年利4%で運用可能な投資信託に低いリスクで月6万6千円預けて6000万円貯めるかです。

 

僕が最も言いたいことは、何も勉強しないで銀行に預けていれば、月約7万7千円多く貯めなくてはならないということです。

 

7万円は、女性の方が、一般的なパートに週3日程度行って稼ぐお金であるとも言えます。すなわち、35年間、週3日妻をパートにいかせなくても、銀行に貯金している場合と同じ6000万円貯まる!!ということです。その分、子供に時間が使えるし、家族にとってプラスになるのではないでしょうか。

人それぞれ考え方はありますが、僕は妻を35年間、休まず週3日パートにいかせる方がリスクがあると思います。

 

なお、今回は僕と同年代の30歳を基準に計算しましたが、年齢によって月に預ける金額が変わってきます。

 

平均で年利4%で運用可能な投資信託に月いくら預ける必要があるかの計算は、無料で計算してくれる楽天のサイトがあります。以下のように月6万6千円という計算になります。詳細は、

簡単に妻を週3日のパートから解放し、子供に時間を費やす方法(2)で紹介します。

f:id:mmhkun:20180928081611p:plain